https://masouken.com/news_releases/538

・2021年3月~2022年2月に上場企業が発表した運送・運搬業を対象としたM&A件数は、前年とほぼ同じ水準で推移。
・2020年3月~2021年2月は新型コロナ感染拡大における外出自粛の浸透とともに、運送・運搬業の需要が高まりM&A件数が増加。
・買収側の企業の業種は同業である運送・運搬業が65%と半数以上を占める。深刻な人手不足、ドライバーの高齢化、なり手の不足により今後もM&A件数は増加すると推測。


0件のコメント

コメントを残す