『地中海』フェルナン・ブローデル

最初はほとんど動かない歴史を問題にする。つまり人間を取り囲む環境との関係の歴史である。ゆっくりと流れ、ゆっくりと変化し、しばしば回帰が繰り返され、絶えず循環しているような歴史である。

この動かない歴史のうえに緩慢なリズムを持つ歴史が姿をあらわす。社会の歴史と言っておきたい。つまりさまざまな人間集団の歴史であり、再編成の歴史である。

最後に伝統的な歴史を扱う。出来事の歴史である。つまり歴史の渦潮がその協力な運動によって引き起こす表面の動揺であり、波立ちである。短く、急であり、神経質な揺れを持つ歴史である。